太陽光発電のメリット

心と暮らしに、太陽を

未来の環境と家族の生活に貢献する太陽光発電のある暮らし

地球環境の未来は、子どもたちの未来でもあります。
だから家族でもできることを始めませんか。
太陽光発電はわが家でできるクリーンな創エネルギー。
CO2の排出や化石燃料の消費を抑えることにつながります。
暮らしをしっかり楽しみながら地球も愛する。
いま、そんなファミリーがますます増えています。


太陽のエネルギーを利用して、環境にも家計にも大きく貢献します

発電した電気をご家庭内で活用し、光熱費を削減。さらに、余った電気は電力会社に売却することで経済効果を生み出します。
また、省エネ機器と組合わせると、発電した電気をさらに効率的に使え、理想のエネルギースタイルが期待できます。

昼間に発電して余った電気は売ることができます。

日中、発電した電気を自宅の電灯や電気製品に使うほか、余った電気は電力会社に売却することができます。
逆に発電できない夜間や悪天候時などには電力会社からこれまで通り電気を購入します。

» 再生可能エネルギーの固定価格買取制度の詳細についてはこちら(経済産業省 資源エネルギー庁のページ)

余力電療

太陽光発電によるコスト節減イメージ

太陽光発電の導入前と導入後で同じように電気を使うとしたら、それまでは使う電力のすべてを電力会社から購入していたのに対し、太陽光発電を導入すると昼間は太陽光で発電し、消費電力量に占める買電量がぐっと減らせます。また、発電して余った電気は電力会社へ売却できます。

地球温暖化防止に貢献。太陽光発電はCO2排出量を減らします。

例えば5.48kWシステムの場合、静岡市の年間推定発電量は7,172kWh※1
CO2の排出削減量※2は年間約3,826kg-CO2になります。これは平均的な一世帯の家庭から排出される温室効果ガス(約5,093kg-CO2※3)の約75%を削減できることになります。


太陽光発電の導入がサポートされています。

二酸化炭素や有害ガス等を排出しない太陽光発電の普及を促進するため、自治体等が助成制度を設けるなどしてサポートを行っています。


災害等による停電時でも電気が使えます

停電などにより電力会社から電力が供給されない場合でも、太陽光さえあれば、自立運転機能により専用コンセントを用いて電気製品が使えます。(最大1.5kVA)
また、蓄電池と組み合わせることにより、長時間の停電や夜間の電力使用にも対応できるようになります。

災害時にテレビやラジオから情報を得たり、携帯電話を充電すれば安否情報サービスなどを利用することもできます。また、電気ポットのお湯を使って赤ちゃんのほ乳瓶の消毒やミルクを作ることも可能です。

もしもの時に、家族のためだけでなく、ご近所などで電力を緊急に必要とする方のために使えば、地域の災害対応に役立てることができます。


連系運転(通常運転)と自立運転の切替方法

以下にパワーコンデショナの型式別に切替方法の資料を掲載いたします。

【注意事項】

  • 一部の機器には使用できないことがあります。
  • 自立運転の際、生命に関わる機器は絶対に接続しないでください。
    日射強度の変化により、供給電力が低下し、自立運転コンセントに接続した機器が停止する場合があります。
  • システムに損傷のない場合に限ります。日射量により変動いたします。
  • 屋外設置タイプパワーコンディショナの場合、予め自立運転コンセントを設置するための工事が必要です。
パワーコンディショナ型式 切替方法(クリックで画像が拡大します。)
SSITL55A6CS
SSITL40A9CS
SSITL30A1CS

⇒PDF版はこちらからダウンロード
PCS-55Z3C
PCS-40Z3C
PCS-55Z3
PCS-40Z3
PCS-55Z2
PCS-40Z2
PCS-40Z1

⇒PDF版はこちらからダウンロード
SSI-TL55A5CS
SSI-TL40A8CS
SSI-TL27A5CS
SSI-TL55A4CS
SSI-TL40A7CS
SSI-TL27A4CS

⇒PDF版はこちらからダウンロード
SSI-TL55A3CS
SSI-TL40A5CS
SSI-TL27A2CS
SSI-TL55A2CS
SSI-TL40A4CS
SSI-TL27A1CS

⇒PDF版はこちらからダウンロード
KP55F-N
⇒PDF版はこちらからダウンロード
PCS-59RZ1C
PCS-48RZ1C
PCS-59RZ1
PCS-48RZ1

⇒ダウンロード
SSITL59B2CS
SSITL46B2CS
SSITL59B1CS
SSITL46B1CS

⇒ダウンロード

※1:当社発電シミュレーションによる  ※2:CO2の発生量は、太陽電池生産時に発生するCO2量(0.0455kg-CO2/kWh)を加味し、0.5335kg-CO2/kWhで試算  ※3:一般社団法人 地球温暖化防止全国ネット 内 全国地球温暖化防止活動推進センター 資料より  ※4:火力発電の石油消費量を1kWhあたり0.227Lとして計算  ※5:CO2削減率(%)=CO2削減量(kg-CO2)÷ 5,093(kg-CO2)  ※6:システムに損傷のない場合に限ります。日射量により変動いたします。一部の機器には使用できないこともあります。