ニュースリリース

水害によって被害を受けたシステムの取り扱いについて

 災害により破損した太陽光発電システム、太陽電池モジュール(太陽光パネル)、蓄電システムにつきましては感電のおそれがありますので触れないようにご注意ください。また、水没・浸水している場合は近づいただけで感電する可能性もありますので、近づかないようにしてください。

 撤去等にあたりましては、販売・施工業者にご連絡いただき、適切な対処を行ってください。

また、参考といたしまして、下記資料もご参照ください。

【参考】JPEA(一般社団法人 太陽光発電協会)発行の資料
・太陽光発電設備が水害によって被害を受けた場合の対処について
・太陽光発電システム被災時の点検・撤去に関する手順・留意点【水害編】