太陽光発電のメリット

杉林

  • 下記条件にて試算。
    CS-274B63モジュール44枚 12.05kWシステム
    大阪府大阪市 真南向き 設置角度30度
    NEDO日射量データベースの日射量データを用いて算出
  • 高さ20~30mの50年生杉1本が1年間に吸収するCO2を14kgとして計算。
    杉1本あたりの占有面積を12㎡として換算。
    「地球温暖化防止のための緑の吸収源対策」より(環境省 / 林野庁)

CO2削減から環境問題への取り組みアピール・啓発まで多彩な活用が可能です

公共施設・産業施設へ太陽光発電を導入することによって生み出される、様々な経済的・社会的効果に期待が集まっています。


地球環境の保護

CO2の削減

太陽光発電は設置後の発電のために燃料を必要としません。
化石燃料を燃やさないことでCO2排出量の削減ができます。


1kWhの発電時に発生するCO2

年間予測発電電力量



省資源

年間に節約できる石油の量火力発電で使われる化石燃料は、いずれ枯渇してしまいます。
太陽光発電では降り注ぐ太陽の光をエネルギー源としていますので、無尽蔵で価格の高騰もありません。



環境への取り組みアピール

いまや企業におけるCSR(企業の社会的責任)活動だけでなく、学校教育においても環境への取り組みや教育は必須の活動となっています。
太陽光発電システムの設置は業種、官民を問わず環境への取り組みをわかり易く示すための絶好の選択肢となります。



光熱費の節約と経済効果

電力の自給による節減、および売却による節約効果が見込めます。設置後のメンテナンスや燃料費などの費用はほとんどかかりませんので、長い目でみると大きな経済効果が期待できます。特に弊社では太陽電池モジュールに単結晶太陽電池を採用しておりますので、構造的に信頼性・耐久性が高く、長期間にわたって安定した発電が期待できます。



遊休地や未利用地の活用

建物の屋根・屋上や空き地などの有効活用ができます。
例えば、工場立地法では、敷地面積の一定割合を緑地などの環境施設面積とすることが義務付けられています。
太陽光発電システムは「緑地以外の環境施設」として認められ、工場の新設・増築時に敷地の有効活用が可能となります。


※1
CS-274B63モジュール44枚 12.05kWシステム 大阪府大阪市 真南向き 設置角度30度
NEDO日射量データベースの日射量データを用いて算出
日射の強さ、気象条件、設置条件、立地条件などにより、実際の発電量とは異なる場合があります。
※2
CO2の発生量は、電力会社0.579kg-CO2/kWhが発生。ただし、太陽光発電システム生産時に発生するCO2量(0.0455kg-CO2/kWh)を加味し、0.5335kg-CO2/kWhで試算。
※3
火力発電の石油消費量を1kWhあたり0.227ℓとして計算。